What you can get

矯正治療で手に入れられるものは?

01

食事が楽しくなる(咀嚼効率の改善)

咬みごたえ、食感

前歯でかみ切り、奥歯ですりつぶす、という基本の動作がスムースにできるようになり、咬みごたえ、食感を味わうことが出来るようになります。

飲みこみ

歯がまっすぐに並ぶことにより、食べ物を舌の上の真ん中に集め、咬んだまましっかり飲み込むという一連の動作ができるようになるため、のどでもしっかりと味わえるようになります。しかしこれには矯正器具によって歯を動かすだけでなく、筋機能療法が必要となる場合があります。

02

歯、歯ぐき、あごの関節の健康

咬む時の力が全ての歯に均等に分散するようになり個々の歯の負担が軽くなるため、全体的に歯の寿命が延びる。又、虫歯の予防にもつながります。

歯ぐき

歯がまっすぐ並ぶことにより歯磨きがしやすくなり、歯周病の予防につながります。

あごの関節

あご関節に伝わる咬んだ時の力の方向や大きさ、偏りがなくなり、あごへの負担が軽くなります。

03

滑舌が良くなり構音機能が向上する

・歯並びや骨格の不正は構音に影響するので、これらを矯正治療で整えることは構音機能の改善につながります。
・矯正器具による治療と並行し、筋機能療法を行うことにより舌の筋力を高めることができます。これは構音機能の向上につながります。

04

唾液の流れが良くなり、歯磨きもしやすくなるためお口の中が普段から清潔になる

汚れが自然に流れやすくなる

もともと歯は唾液とともに汚れが自然に流れ落ちる形をしています。しかし歯並びの不正が強いとこれが発揮されません。まっすぐ並ぶことにより、唾液の流れを良くし、口の中がある程度自然にお掃除される(自浄作用)ようになります。

歯磨きしやすくなる

歯並びが乱れていると歯ブラシを当てにくいものです。まっすぐ並ぶことで歯ブラシの毛先がしっかりと歯に当たりやすくなります。

05

歯並びが改善し、正面からの見た目が美しくなる(笑顔の印象が向上する)

正面から見た時の前歯の歯並びや角度、唇との位置関係が改善されると笑顔の印象は格段に上がります。

06

梅干しシワがある場合、目立たなくなる

口を閉じる時に下唇を上に引き上げる筋肉に力を入れている人は口を閉じるとあご先にシワができます。力を入れてしまう原因が歯並びやかみ合わせの場合は矯正治療によりあごのシワを目立たなくすることができます。

こちらもご覧ください:
悩み・症状から探す > 9. 梅干しシワ・あごのシワ

07

笑った時に歯茎が見える場合、目立たなくなる

歯茎が見えてしまう原因によりますが、上の前歯が下の前歯に大きくかぶさっていることが原因であれば、矯正治療で改善できます。

こちらもご覧ください:
悩み・症状から探す > 10. ガミースマイル・笑うと歯茎が見える状態

08

横顔がスッキリする

上下の前歯が前に倒れていることで横顔の凹凸がはっきりせず輪郭が崩れている場合は矯正治療により横顔のラインを改善できます。

こちらもご覧ください:
悩み・症状から探す > 15. 横顔に自信がない(アゴがない、ゴボ口、口ゴボ、鼻下が長いように感じる)

09

鼻からあご先までの距離が短くなることがあるので小顔効果がある

鼻からあご先までの距離が長い方の場合、原因となっている症状や矯正治療の方法によっては多少の小顔効果も期待できます。

10

口が閉じやすくなるため、口呼吸の予防につながる

矯正治療で歯並びと骨格の歪みが改善されることにより鼻呼吸しやすくなります。
矯正治療と並行して行う筋機能療法をしっかり行うことにより、さらに鼻呼吸にシフトしやすくなります。

こちらもご覧ください:
悩み・症状から探す > 11. 口呼吸・口が乾く